Home > メッセージ

 

 

心は植物で元気になれます!

「たくさんの人の心と体をハーブで元気にしたい!」 という理念を持ち、
ハーブの生産農家を始めました。

 

とっても疲れてしまった心も、ちょっと疲れた心も、
ハーブで元気になることができます。

 

悲しいとき、苦しいとき、つらいときに、
ハーブや植物で心も体も癒しましょう。

 

農薬や化学肥料は一切使わず、
地球にやさしい農法でハーブの栽培をしています。

 

 

 

 


 

プロフィール

 

金丸 晴美(Hanmi)

 

 会社を辞め、ハーブ園でボランティア活動に携わる。その後亡き祖母の田んぼをハーブ畑に変え、ハーブ生産農家「ハーブガーデン平田」をスタート!

 幼児教育施設のNPO法人設立に関わったり、心のケアサポート事業のスタッフになったり、富山の薬草に関する活動に参加したり、学校の先生や地域の方たちとの出会いから、「幼児期から多くの園芸体験を!」「薬草ガーデンを地域に広げたい!」という目標を持つようになりました。その夢に向かって、日々ハーブ生産農家として頑張っています。

 

 国立高岡短期大学 産業工芸科産業デザイン専攻 卒業

 東京の展示ディスプレイ会社に入社 

 退社後、宮崎県の山村で地域貢献ボランティアに1年間参加

 富山県へUターン後、園芸を学ぶため小矢部園芸高等学校 専攻科に入学

 平成16年度卒業 その頃から少しずつハーブ畑を広げ、現在にいたる

 

 

 

NPO法人親と教員の会こどものその(幼児教育施設) 理事

 富山大学教育心理学の教授であった林三雄先生が、富山大学附属小学校校長・附属幼稚園園長を兼務された際、幼児教育の重要性を痛感し、昭和52年私財のみで「林教育研究所」を創設。
 その後「親と教員の会こどものその」として親たちが運営する幼児教育施設となる。幼稚園と同等の活動として県より認可されている。
 平成17年NPO法人として再スタート。

 法人設立時のメンバーとして、現在も運営に関わっている。

 

・季刊「食育活動」第2号 農文協 掲載

 「子どもが主人公!地域で作る食農保育の実践」

・社会貢献者表彰 林三雄園長先生 多年にわたる功労賞 受賞 推薦

 

 

 

ハーブの花育活動 

 子どもたちの情操教育には、園芸体験は大変重要です。

 特に幼児期から土や植物に触れることは、心と体の成長に必要なことだと考えます。五感の発達には自然ともっとふれあう時間を増やすことが理想だと考えます。
 虫を観察したり、池をのぞいたり、空を見上げたり、自然をキレイと感じる心や、やさしく見守る目を養ってもらいたいと思っています。

 ラベンダーの芳香剤や入浴剤など人工の香りを知る前に、本当のラベンダーの香りを知ってほしい!そう思います。

 

 

 

 

・「NPO法人こどものその」で、園児たちに1年を通してハーブの栽培、収穫、活用法などを伝えている。子どもたちが体験した同じ内容で親たちにも体験教室を開く。

 

・高岡市立川原小学校にハーブ花壇を作っている。子どもたちが中心となってハーブ花壇を管理している。栽培方法や活用法、ハーブクラフトや料理教室など、年間通してハーブの授業を担当。

 

・子どものための植栽を提案している。香りのあるもの、料理やお茶にできるもの、ドライフラワーになるもの、蝶が卵を産んでくれるものなど、子どもたちが楽しく遊べるハーブいっぱいの庭作りを提案している。

 

 

 

「農業女子プロジェクト」メンバー

 農林水産省の農業女子プロジェクトのメンバー募集を畑作業中にラジオで聴き早速応募。2014年4月のことでした。これまで、大農業女子会や参画企業さんのいろいろなプロジェクトに参加。

 これまで出会うことのなかった全国の農業女子たちとの交流や、企業さんとの出会いから、いろいろなことを学ばせてもらっています。よい刺激がもらえ、仕事へのやる気と楽しみがあります!

 

・書籍「農業女子」伊藤淳子著 の中で紹介(2015.4)

・NHK名古屋放送局「さらさらサラダ」で紹介(2015.6)

・全国学校農場協会主催「第3回全国農業女子フォーラム」にて講演(2015.9)

・NHK出版さん「やさいの時間」2015年9月号に掲載

・東急ハンズさん 富山大和「ハンズ市」にてコラボ企画(2016.2)

・ナムコさん 横浜ららぽーと「親子で楽しむテーブル農業教室」に参加(2016.4)

・井関農機さん「ミニ耕うん機」商品開発プロジェクトに参加 「ちょこプチ」(2016)

 

 

 

他活動、メディア掲載など

・北日本新聞「虹」

・雑誌「モノ・マガジン」手しごと探求越中飛越編に掲載(2013.3)

・富山国際大学 コミュニティビジネス論 事例として講義 

・富山の農・食・環境・未来を考え活動する「富がえりのレシピ」にメンバーとして参加

・富山の主婦をフレーフレー!と応援する団体「シュフーレ」メンバーとして参加

・チューリップテレビ ニュース6「人ものがたり」紹介(2016.12)

・小矢部市農業特産物推進協議会 会員

・富山県薬用植物指導センター とやま薬草同好会 会員

・自然体験活動指導者

 

 

 

ハーブガーデン平田へのアクセス


© Copyright 2017. herb garden HIRATA.